脱出・謎解き・探索(アプリ)

【アプリ】バカサスペンス -証言は2つまで-|バカしかいない、地獄のような爆笑アドベンチャー!

バカしかいない、バカ同士な地獄の推理合戦!

バカサスペンス -証言は2つまで-
バカサスペンス -証言は2つまで-
開発元:GLOBAL GEAR, K.K.
無料
posted withアプリーチ

追い詰めるならバカになれ
好きな人のためならバカになれ、友情のためならバカになれ

生き抜くためなら……バカになれ!!


「バカサスペンス -証言は2つまで-」
(以下、バカスペンスと表記)は、証言を2つしか覚えられない残念系主人公と、主人公に負けずのバカたちが繰り広げる青春劇(?)をテーマにしたADVゲームです。

誰がトイレを流し忘れた(しかも大きい方)
友人が、尻から血を出して倒れている
血ぬられた歴史を持つキノコタケノコ戦争の勃発……

気のおかしくなりそうなシナリオはもちろんのこと、時には友情、恋愛もあり、気づくと主要メンバーたちが大好きになっている不思議な要素や、コンプリート欲が刺激される仕様、熱いバカ対決パートなど、見所が盛りだくさん!

笑いながら楽しめるADVをお探しの方にオススメなゲームです。



「バカスペンス」の基本情報

■ジャンル■
推理要素、探索要素のあるアドベンチャーゲーム

■キーワード■
大学生・サークル・バカ・シリアスな笑い・論破・探索・推理

■オススメポイント■

  • バカしかいないサークルメンバーが綴るシュールな青春ストーリー
  • 主人公がアホのせいで地味に難易度のある探索パート
  • 地味に難しくてやりがいのある推理パート
  • 個性がつきぬけまくったキャラクターおよび、キャラクターたちの相関図
  • バッドエンディング多数、隠しアイテム収集によるオマケシナリオなど、コンプリート要素もあり

 

■ストーリー性について■

ブーメラン発言野郎・アホダを操作し、サークルメンバー内で発生する事件を解決する内容。
事件はとにかく悲惨なほどにシュールでバカなもの。
(人が死んだりはしません)
基本的にドタバタしたギャグがメインながら、セリフの中に細かい伏線やちょっとキュンとする部分もあり。
一応、恋愛要素もあるが、一応ということで……(お察しください)

■プレイのしやすさ■

好きなペースで進めることが可能。
(1日におけるプレイ制限・チケット制なし)

■課金要素■

本ゲームに課金要素はなし。

 

「バカサスペンス」ここが面白い!

喋らなければイケメン&美女な愛すべきおバカキャラたち

登場キャラクターは主人公・アホダ(残念な頭のせいで物事が2つまでしか覚えられない、ちょいクズ男)とアホダが所属するサークルメンバー6人の計7人。

どの人物も、見た目は美形なのに総じて「バカ」なのが特徴です。
バカ同士なので会話も真剣にバカしてます。

因みに以下の紹介文画像に乗っているコメントはアホダによる総評。
男共に対するコメントがお前が言うなまみれで彼らしい!!

一人だけまとも…のようなことがないため、全員を平等に好きになれる感が個人的にお気に入りポイントです。

バカだからこそ熱くなれる狂気の事件の数々

バカスペンスでは、全5話のトンデモ事件が繰り広げられ、90%はアホダが犯人にされそうになるため真犯人を見つける流れに。

どの事件も陰湿なものがないので、コメディドラマを見ている様なノリで楽しめます。

時には誰かが流し忘れたアレに顔を強張らせたり……

時には仲間が覚醒(?)してアホダの敵となったり……

時には禁断の、キノコタケノコ戦争が発生したり……

最終話では、ちょっと切ない(?)シナリオもあり、クリア後にはバカサスペンス世界にどっぷりハマること間違い無しです。

 

やたらと本格的な探索&推理パート

事件発生後はアホダを操作し、探索・推理を行います。
会話はシュールかつ会話のドッジボール系が多めですが、犯人を特定する証言がこっそり混じっているのがニクイところ。

また、アホダが残念な子のため、キャラクターたちから貰える証言は2つしか覚えられないのが結構難しいポイントです。
(犯人と対決する推理パートで、重要な証言をしっかり覚えておかなければいけないので)

犯人との推理パートでは、怪しい人物に証拠を提示したり矛盾を指摘するなどして熱い論破バトルが始まります。
(ネタバレ回避のため、推理パートの画像は割愛)

時には即死トラップのような選択肢もあり、なかなか難しい(バカがテーマなのに…)のですが、なんとこのゲームにはバッドエンディングが多彩に存在しています。

ですので、あえて負けてみてバッドエンディングコンプをするのも楽しみの一つであったり。
グローバルギアゲーム恒例(?)のホ●ォ…なやつもしっかりあります。

更に、バカサスペンスにはドラクエでいう小さなメダル的な要素も。

「おわかりいただけただろうか…」の如く、アカギの顔が写っている部分をタップすると、アカギメダルが手に入ります。

アカギメダルを特定の枚数集めるとエクストラシナリオが見れるので、イラっとする気持ちを抑えながら集めてみましょう。
(エクストラシナリオは、アホダ&シンヤの出会いと、アホダがサークルに入るきっかけの2本があります)



プレイした感想

色々とギリギリな要素をギャグにしてまとめた感が素晴らしいゲームでした。
(きのこたけのこ関連はおいおい、これ取り扱って大丈夫か!?と思いながら眺めておりました。某レビュー欄で若干荒れてたようで…)
みんなでギャーギャー騒ぎながらも、必要な時はしっかり団結するなど熱い展開も併せてツボです。

犯人との対決(推理)パートは思ったより難しい上、アホダが証言を2つまでしかストックできないのがハードさをより引き立てていましたね。
バカになりきってもゲームオーバーに何回も行ってしまったよ……

シナリオは全体的にかなりぶっとんでいるものの、女子に洒落にならん下ネタをやらせない点に関しては、開発元の優しさを感じました。
(軽いネタバレですみませんが、トイレ流し忘れ事件は、犯人が女子じゃなくて心底安心してクリアしました)

キャラクターは全員お気に入りですが、苦労人に見えて実は……なヒカルと終始、空気を読めないポンコツ眼鏡のシンヤが特に好きです。
ヒカルはあの、理性蒸発面子を何とかまとめられていたりと結構な功績者なのでは……
私だったら絶対、部長になりたくない(笑)
シンヤはとにかく自分の道を行く迷惑眼鏡なだけでなく、アホダに対しては熱い友情を抱いているのがいいですね。

女子はシズクかな。想定通りの●●だったので。
彼女の好きなところを語るとネタバレになるので自重しますが、なかなかのサイコというか、シズクと某キャラで別ゲー作れそう……

エクストラシナリオは思ったより短かったなと言う寂しさがありましたが、どちらのシナリオでも声を出して笑ってしまう強烈さは抑えてくれていました。
(学園ハンサムがツボる人には、かなり来ると思います)

続編を作ろうと思えばいける気配がしたので、いつかバカスペンス2ができることを心より切望しております。
(最終章で●●したシズクと、●●にとんでもないことされたシンヤのその後が気になる…)

 

インストールはこちら

バカサスペンス -証言は2つまで-
バカサスペンス -証言は2つまで-
開発元:GLOBAL GEAR, K.K.
無料
posted withアプリーチ