ノベルゲーム(ブラウザ)

電波男はお呼びじゃない!|内気な私を救ってくれたのは、超絶ポジティブな電波男でした

ヤベエ電波と毒舌女子の笑えて萌えるラブコメ

小さい頃、私は言いたい事が口に出せない、内気な子だった。
そんなある日、お父さんと口げんかをして家を出た際、偶然出会ったお兄さんのお陰で私は変われた。

「思った事が有るなら、口に出して言わないと伝わらないよ」

お兄さんは私が世界中の人から嫌われてしまっても嫌わないと言ってくれた。

彼のお陰で努力をしたものの私は『思っている事 全てを言葉にしてしまう』極端な女へと成長してしまった。
クラスで浮いているのは言うまでもない。

このままで良いのだろうか……
悩んでいた矢先、私は意味不明な事を言い出す電波男に遭遇する。

「やっとっ…会えたっ……僕の、天使……!」

 

リンク

■ゲームへのリンク■
※PC・スマホ、どちらからもプレイも可能です※

ノベルゲームコレクション
https://novelgame.jp/games/show/2297

ふりーむ!
https://www.freem.ne.jp/win/game/18767

■製作者さまのホームページ■

灰色さまの運営サイト
https://haiirosan1.wixsite.com/haiirosousakusitu

Twitterアカウント
https://twitter.com/haiirosan1

 



「電波男はお呼びじゃない!」の基本情報

■ジャンル■
電波男×毒舌(ツンデレ)女子の笑えて胸きゅんするノベルゲーム

  • プレイ時間/約30~40分
  • エンディング/1(クリア後に特別シナリオあり)

 

■キーワード■
ラブコメ・電波・ツンデレ・会話がドッジボールにならない・運命の人

■オススメポイント■

  • 自分を変えてくれた運命の人がまさかの電波だったという衝撃性
  • 極端にしか変われない不器用なヒロインの可愛さ&ヤバさの中に垣間見える電波男の『善意のみ』で構築されたヒロインへの揺るぎない愛情
  • ギャグの裏側に練り込まれた二人ならではなラブコメ要素

 

■ストーリー性について■

運命の人(?)との出会いを経て、内気な性格を克服→何でも口に出す系女子になったヒロインが、自分を『天使』と言う電波男に遭遇して…から始まるノンストップ系ギャグ&ラブコメ話。
「いい話だなー」と「いい話かなー?」のミックス感が非常に絶妙。
また、メイン二人の会話テンポが面白いため、一気に読める部分も魅力。

■プレイのしやすさ■

好きなタイミングでセーブ&ロードが可能。
エンディング分岐無し。
電波男に振り回されるヒロイン・取香ちゃんを眺めるのに集中できる仕様。

「電波男はお呼びじゃない!」ここが面白い!

笑撃な再会からはじまる二人のラブコメ(?)に目が離せない

ヒロイン・恩田取香(おんだ とりか)は、幼少期、思ったことを口に出せない消極的な子でした。

彼女は父親と喧嘩し、出て行った先で”偶然”出会った『名前も知らないちょっとぽっちゃりしたお兄さん』との邂逅で克服を決意。
お兄さんに勇気づけられた取香は努力し続けた結果……

 

超真逆の何でも口に出す系ガールへと成長していたのでした。

気が強すぎる性格なため、虐めには遭わないものの周囲から避けられる状態。
もちろん、友達もいません。
どうにかしたい、けれど一度黙りこくれば元に戻ってしまいそう、昔のようには戻りたくない……

帰路を歩き、悩みを反芻させていた最中、取香は男性に話しかけられます。
かつて、どうしようもない悲しみに沈んでいた時に助けてくれたお兄さんが声をかけてくれたように。

……取香を呼びとめたのは、とってもポジティブな電波男でした。

投げつける言葉全てをポジティブに捉え、傷つかずむしろ喜ぶ。
自分を天使だと言いだす。
逃げても実家を把握され待ち伏せされる。
そして、何故か結婚前提で話を進められる。
(加えてヤンデレ恍惚ポーズがデフォ)

などなど、全てが電波で謎過ぎる男・上部玲(うえぶ れい)に取香は粘着されはじめました。

困惑し、上部から逃げる取香と、やたらと取香に詳しいため地獄の果てまでも追って来そうな上部。
二人は言葉のドッジボールもどき(主に取香が全力で投げて上部が謎フィルターで羽にして受け止める)をしながら奇妙な時間を過ごしていきます。

唐突にはじまった超一方通行なラブコメが、まさかの結末に行くとは知らずに…

 

ヤバい所が許容範囲になっていく電波男の愛情が尊い

取香につきまとっては、電波な発言を多々する上部。
時には、取香の心を抉るような発言をしますが、よくよく台詞を見ると取香のことをやたらと理解してる面も。
(上画像のシーンでは、取香が悩んでいたことに対しての的を得た発言をしてくれます)

 

そして、上部にうんざりした取香から暴言を浴びせられた際は、怒ることなく、付きまとった真相の欠片を曝露する姿が。

上部の正体・本音を少しずつ理解していく取香は、彼に対して少し特別な感情が芽生えていきます。
ヤバい、電波男という事実が一瞬、薄らいでしまうほどに。

作中、上部の変態的発言の中に練り込まれている取香への一途かつ、清らかな想いはプレイヤーすらも彼が電波なのを忘れさせてくれるほどの効果を見せてくれます。
※ただし、すぐに上部が電波発言をするので何だかんだですぐ思い出せる仕様

 



プレイした感想(ややネタバレあり)

ポジティブな電波という新しい扉に出会え、開けたゲームでした。
笑えるだけでなく、予想外に、にやける要素があるので外では絶対できない類の内容でもあったり(もちろん褒め言葉で)

自分の悪い部分も含めて愛してくれる人と出会えるのは奇跡だと思っている派(製作者さまがあとがきで語られていた某件、凄く首を縦に振ってしまった)の私としては、取香ちゃんはとても幸せだと思います…だが、相手は電波。

電波男こと、上部くん、冷静になって色々思いなおすとかなりヤバい奴なんですが、取香ちゃんへの愛情が本当に純愛かつ豹変要素無しなところで好感度がゴリゴリ上がっていく不思議。
彼は取香ちゃんを傷つけたりは絶対しないんですよ。
クリア後では上部くん視点の話が見れるのですが「もし、取香と再会した際、付き合っている人がいたら?」に対する答えがイケメンすぎ数分間、彼が電波なのを忘れてしまいました。

ギャグ色が強い中で取香ちゃんの背景事情(彼女の性格が形成されたきっかけなど)および上部くんが取香ちゃんに出会ってどう変わっていったかがとても丁寧に書かれていたため、ラブコメ要素がとても萌えて萌えて…
もっと二人の今後が見たい!!!という惜しさが逆に辛い……!
この二人は今後も絶妙なバランス感を保ちながら、ゴールインしそう…いや、して欲しいです。
取香ちゃんのお父さんは、何だかんだで上部くんを息子として認めてくれそうな気がするのは、私自身がこのゲームに洗脳されたからだろうか…!?

また、盗聴器関連の件が所々で笑いのツボをさりげなく強パンチでつっついてくるのが好きでした。
クリア後に見られる設定・特別シナリオでも忘れられず書かれているので個人的に盗聴器というキーワードはぜひ頭に入れてプレイして欲しいです。
(盗聴器のことを忘れないようプレイすると楽しいよと主張するゲーム…初めてかもしれません)

 

プレイはこちらから

リンク

■ゲームへのリンク■
※PC・スマホ、どちらからもプレイも可能です※

ノベルゲームコレクション
https://novelgame.jp/games/show/2297

ふりーむ!
https://www.freem.ne.jp/win/game/18767

■製作者さまのホームページ■

灰色さまの運営サイト
https://haiirosan1.wixsite.com/haiirosousakusitu

Twitterアカウント
https://twitter.com/haiirosan1

オススメのレビュー記事はこちら▼