ノベルゲーム(ブラウザ)

えんかうんと|誰でもいいから●したい男が自分より弱そうな少女と出会ってしまったら…

人生に疲れた青年×不思議な少女の真夜中エンカウントノベル

受験に失敗し夢も希望も抱けず『負け犬』の称号を刻まれた青年は怠惰な日々を送っていた。
世界に、自分に絶望していた。

変わりたいと思ってもできない。返ってくるのは渦巻く黒い感情だけ。
心の中で何度も反芻する。生産性の無い願いを。

「……誰でもいいから、殺してぇな」

そんな中、彼は道端に落ちているキーホルダーを見つける。
持ち主は小さく自分よりも格段に弱そうな少女だった。

 

リンク

■ゲームへのリンク■
※PC・スマホ、どちらからもプレイも可能です※

ふりーむ!
https://www.freem.ne.jp/win/game/19912

RPGアツマール
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm10856

■製作者さまのホームページ■

ひさかきぬいさまの運営サイト
http://hisakakinui.blog.fc2.com/



「えんかうんと」の基本情報

■ジャンル■
卑屈をこじらせた青年と少女の一晩が綴られたノベル系アドベンチャー

  • プレイ時間/30分
  • エンディング/4(作中の選択肢によって分岐)
  • 逃げ要素なし

■キーワード■
青年&少女、微ホラー、不思議な優しさ、劣等感、幼女

■オススメポイント■

  • 「誰でもいいから殺したい」と言いだすヤバい主人公の心情吐露から始まる、不思議で怖くて優しいストーリー
  • 挫折を重ねた主人公の語りが心に刺さる
  • 少女および、主人公&少女の関係性に関して色々な推理ができる面白さ

 

■ストーリー性について■

劣等感で屈折した青年が「誰かを殺したい」と思いながら黒い情をこじらせている所に可愛い少女が…から始まり、選択肢によって主人公の人生が大きく変わるシナリオ。
出だしで予感させる残虐なシーンはなく、世にも奇妙な物語系に暖かさが加わった話となっている。

■プレイのしやすさ■

逃げ要素無しの選択型ノベルなのでマイペースに進行可能。
(少なくともRPGアツマールでは)セーブ機能がないため、エンディング回収が大変そうに感じるが早送りを使うとスムーズに進められる。

「えんかうんと」ここが面白い!

どうしようもできない劣等感で悩む主人公の心情が辛い

物語の主人公は受験に失敗し、虚無の中、フリーター生活を送る青年。
生活はただただ家とバイトを行き来するだけ。

バイト自体に愛着もなく、後輩たちには「あの人のようになりたくない」とバカにされている日々を送っていました。

(分かってるよ、俺が弱者だって…なら、俺は何で生きてるんだ?)

いつもと同じバイト帰り、嫌なことが積もりに積もり、閉塞感で気がおかしくなりそうになった主人公は次第に

「誰かを殺したい」

と思うようになっていきます。そうすれば、きっと何かが変わると願って。
その矢先、彼は道に落ちているキーホルダーを見つけ、持ち主である少女と出会います。

弱そうで簡単にXXせそうな少女と。

 

作中では、主人公の劣等感や高学歴の他人を無意識に妬む姿がとてもリアルかつ分かりやすく綴られており、過去に嫉妬経験・変わりたいけど上手くいかなかった経験がある方にはグサリと刺さる絶妙さとなっています。

 

一晩だけの少女との邂逅…それがもたらすものとは?

少女と出会った主人公は紆余曲折を経て、少女の家を探す流れになります。
どうやら、少女は迷子のようです。

主人公は内心、面倒だと思いながらも後味を加味して付き合うことに。

少女と会う前に抱いていた「誰かを殺したい」という濁った感情を抑えいた主人公ですが、暫くすると、少女が突然

「お兄さんはわるくないよ、わるいのは、いつだって自分以外のだれかだよ
そう思っていいんだよ?」

と語りかけてきます。

そして、主人公の心の中を全て知っているかのように思っていたことを当てていき…

「…誰でもいいから、殺したい そう思ってるでしょ?」

閉塞感を解消するための術すら当てられてしまいます。

抑え込んでいた感情が胸から喉、脳へと沸き上がっていく殺意と辛うじて残っている情が交差しているのに気づきます。

(俺が殺したいのは……)

主人公が本当に『殺したい』のは少女なのか?それとも…

 

『殺す』『殺さない』で主人公の人生が大きく変わるエンディングはぜひ、ご自身の目で見て驚いてみてください。



プレイした感想

青年が鬱憤晴らしに少女をXXする話かと思いガクブルしながらのスタートだったものの、優しさ&ミステリーな雰囲気の方が強くなるという新感覚な気持ちを味わえたゲームでした。
(バッドエンドによっては主人公の人生が積むオチですが)
そして、短編の中に多くの気づきや考察が詰まっているのがツボ!!

主人公の境遇や劣等感の感じ方は、自分にも思い当たる節があるなと思いながらプレイしておりました。
環境や周囲を嫌悪しながらも、変わりたいと思っているのに変われない…なループを通して自己嫌悪になる的な。
そんな閉塞的な状況に悩む心情描写は心に深く刺さり、負のループに陥っている人間は他人から見ると、こんな風に映るんだなと考えさせられました。

少女の正体について明確な答えは提示されることはありませんでしたが、主人公が過去に勇気を振り絞って助けた子(人間じゃなくて神様だった?)と予想。
でもって、失意の主人公を救おうと過去の姿で舞い降りた感じなんでしょうかね?
序盤のキーホルダー拾わせるのも事故を回避するためにわざと落としたっぽいですし。

最後の選択に関してはバッド系と思った方がベストエンド行きだったのが衝撃でした。
彼が「殺したい」と思っていたのは他人じゃなくて自分だったのかも…
あと、ベスト選択のようでバッドエンドっぽい結末は今後も主人公の周りでホラーなことが起こり続けそうで寒気が過った次第。
真実に気づいた主人公がどんな感情を抱くのかが個人的に気になるところです。

プレイはこちらから

リンク

■ゲームへのリンク■
※PC・スマホ、どちらからもプレイも可能です※

ふりーむ!
https://www.freem.ne.jp/win/game/19912

RPGアツマール
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm10856

■製作者さまのホームページ■

ひさかきぬいさまの運営サイト
http://hisakakinui.blog.fc2.com/