ノベルゲーム(ブラウザ)

もしかして私の王子クズ男!?|運命の人は、添い遂げると○ぬレベルのクソ男……振って振って拒絶しろ!

死の宣告を受けた転生女子は、生きるためにイケメンとのフラグを粉砕する

事故で異世界転生し、姫君となった姫夜は二人の王子から求婚される。
俺様なグイグイ系自分を溺愛してくれる幼馴染

……しかし、王子たちは見た目をはじめとしたスペックは最高なものの
中身がどうしようもない『どクズ』だったのだ。

更生は不可、異世界転生あるあるなご都合も一切無し。
むしろ、どちらと結婚しても絶対に死ぬと、賢者に宣告されてしまった。

残された時間はたった5日。
自分を好きと言ってくれるイケメン王子たちを信じる?
それとも……

 

リンク

■ゲームへのリンク■
※PC・スマホ、どちらからもプレイも可能です※

ノベルゲームコレクション
https://novelgame.jp/games/show/2358

■製作者さまのホームページ■

L.M.CatsさまのTwitterアカウント
https://twitter.com/LMCats

 



「もしかして私の王子クズ男!?」の基本情報

■ジャンル■
中身がガチクズのイケメンたちを振って未来を勝ち取るノベルゲーム

  • プレイ時間/約1時間
  • エンディング/4

 

■キーワード■
異世界転生・イケメンクズ・モラハラ・ヤンデレ・not恋愛ゲーム・脅迫という名の愛情

■オススメポイント■

  • コミカルに見えて、心に刺さる・考えさせられることが多く、良い意味なギャップが多いシナリオ
  • イケメンでも、ツンデレという名のモラハラ男はクソだと教えてくれる容赦無いテキスト
  • イケメンでも、犯罪者は所詮、犯罪者だと教えてくれる容赦無いテキスト
  • グットエンドは明日から自分も頑張ろうと言う気持ちになれる爽やか感

 

■ストーリー性について■

異世界転生した主人公・逸鹿姫夜は、2人のイケメンから好意を寄せられ結婚を控えていたが、どちらもガチクズで婚約したら絶対に死ぬらしい宣告を聞いて…からはじまる恋愛フラグへし折りストーリー。
序盤はコメディ要素高めだが、クズ男たちの地雷っぷりが容赦ない上、事情持ちな姫夜の心理描写には考えさせられることが多く、メッセージ性の高いシナリオとなっている。

■プレイのしやすさ■

好きなタイミングでセーブ&ロードが可能。
いくつかの選択肢によってエンディングが分岐する。
即死要素はないが、選択肢は複数あるため、こまめなセーブを推奨。

 

「もしかして私の王子クズ男!?」ここが面白い!

とある事故で異世界転生し、姫となった姫夜は、イケメンかつ権力のある王子二人に求婚され、開始1分もたたずに逆ハーレム状態になります。

相手は
婚約者であり、俺様系『モラオ王子(上画像右)』
幼馴染かつ昔から姫夜を深く愛していたと自負する『ストー王子(上画像左)』

 

しかし、王子二人はどちらも甲乙付け難いクズofクズ。
更には何故か自分を助けてくれる謎の人物的存在・賢者からは
「どっちを結婚しても、お前さんは(クズ王子が原因で)絶対に死ぬ」と宣告される始末。

賢者いわく、王子たちの更生は絶対に不可能。
異世界モノにある、ヒロインへのご都合展開は皆無。
しかも、モラオとの結婚式まで婚約まで残り5日という積みかけ状態。

 

残された5日間を使い、姫夜は様々な思惑を重ねつつ行動をします。
「賢者の言う通り、王子たちは本当に悪人なのか?」
「そもそも、あの賢者って何者?」
「実は、どちらかはいい人なのではないか?」
「私は”本当の意味で”どうしたいのか?」

清らかな乙女ゲー好き脳を、ガッツリ壊してくれるゲームをお求めの方には特にオススメです。

 

ガチで精神を抉ってくるモラハライケメンがヤバい

婚約者のモラオ。
聡明で行動力があり、姫夜のことになるとちょっとムキになる。
積極的に距離を詰めてきては、姫夜を『俺の女』と言い、Mっ気のあるユーザーのときめきを掻き立てくれる。
更に、たまに見せる大人げないツンデレ的言動がたまらない。

…というのは仮の姿。

名前の通り、モラハラ気質の王子なのである。

自分に甘く他人に厳しい。
気に入らないことがあれば、人前だろうが場所・時間関係無しに怒鳴り散らし、相手への情はあるようで一切無し。
少しでも予定を狂わせられれば発狂。
プライドが高いくせいに自分を守る時は必死。

姫夜を『できない人間』と思わせることで洗脳(?)させようとする一面も。

特に姫夜を駄目人間扱いしつつ、自分の言う通りにさせようとする言動の数々は寒気を催すレベル。
これはイケメンでも許されない……

結局、犯○者思考なストーカーイケメンもヤバい

幼馴染のストー。
長年、姫夜を想い続けており、彼女の身を案じる細身のイケメン。
モラオに比べると弱々しく見えるが芯は強く、頭も切れる。
そして何より姫夜への溺愛っぷりは尋常では無く、相手をトロットロにしてくれる。

…というのは仮の姿。

名前の通り、犯罪者気質なストーカー王子なのである。

変化球かつ自分本位な距離の詰め方をしてきては、自身の性欲を満たすためだけに姫夜へ近付く。
もちろん、姫夜自身の意志や、周囲の意志など、どうでも良い。
むりやりキスやそれ以上のことも平気でしようとする、拒絶するなら犯罪いみた行為も厭わない。
どうしても相手が振り向いてくれないなら、強○だってするよ!な男。

モラオに比べるとストレートな攻撃はしてこないものの、とにかく言動がヤバいし、姫夜への配慮は驚くほど無し。
全ては姫夜のため……と言いながらも、結局は自分のためなのである。

これはイケメンでも許されない……(2回目)

 

地雷男たちを振ってからが本番な主人公の描写は必見!

二人の王子や城の人間たちと約5日間触れあい、姫夜は究極の選択を迫られます。
国のために、王子のためにどちらかの想いを受け入れるか否か。
(進行によっては、姫夜が王子への拒絶自体を拒絶してしまう場合も)

そして、地雷物件な王子たちを振って終わりではないのが、本ゲームならではな部分。

作中、姫夜に関して生じた疑問についてを含めた事実を知った時
『生きていく上で疎かにしてはいけない物』の存在についてを考えさせられるかもしれません。

 



プレイした感想

王子の名前がストレート過ぎて笑いながらスタートしたものの、序盤(コメディ多め)と、中盤~後半(シリアス多め)のギャップが強く胸に刺さる内容でした。
ネタバレなので詳細は割愛しますが、とても大切なことを教えてくれるゲームです。
あと、ファンタジーな背景とは裏腹に、王子二人のガチのヤバさが合わさってカオスになっている世界観も大好き。

そして、『イケメンだと短所や、やらかしが許されたり美化される傾向』を気持ちのいいほどに粉々にしてくれるところが素晴らしい……!
王子たちの地雷っぷりに『イケメン正義』という概念が崩れるプレイ後感はぜひ体感して欲しいレベル。
冗談抜きでどっちもヤバい。
地雷VS地雷は、不幸しか生み出さない。
やっぱり人間は、外見より中身なんだなと。

作中の姫夜が本音キレッキレ(+毒舌)なのに、実際の行動は…なのは、後半の話と密接にリンクしているのもお気に入りだったり。
彼女には幸せになっていただきたい……

あと、サポート的な立ち位置である賢者に関しても、驚きの設定があるので彼にも注目して欲しいところ。

途中で何度か出てくる選択肢は時に、プレイヤー側も勉強になる場合もあり、地雷男に言い寄られてる、または親しい人がこうなっている…際に役立つかもしれません。
(特にモラオ関連)

 

 

 

※以下、ネタバレありの感想あり※

 

プレイした感想(ネタバレあり)

 

 

姫夜の人生が想像以上に辛すぎた。
地雷王子を振ったらハッピーエンドじゃなかった……

現実世界のモラオとストーも異世界verに負けず自分本位で本当、胸糞でした。
直接的に害を与えてくれる奴と間接的に害を与えてくれる奴…そんな身勝手な男二人に振り回され、周囲は親含めて理解してくれなかったのも併せてこちらの胸を抉ってくれるのがとても、ツボに入りつつ、メンタルが削られました。

リアルモラオは本当に実在しそう…というかほぼ近い人物を知っているので、彼の言動は本当にガクブルしました。

姫夜のリアル人生を考えると、現世に戻り、『自分の意志・わがままを尊重する』ようになっていく方が良いのかもですが、好きだった祖父(姫夜をサポートしてた賢者)と異世界を自由気ままに楽しむエンドも個人的にはありだと思いました。
異世界は異世界で、現実ではできない楽しいことがいっぱいありますし、何より理解者が傍にいてくれるのは彼女にとっては救いになるのでは?と感じたので。

どうしても自分の本意を後回しにしてしまう姫夜のような心情と、彼女がグットエンドで見出した生き方については、決してファンタジーではないと思うんですよね。
自身を守れるのは自分……改めて感じさせていただきました。

そういえば、王子を受け入れるバッドエンドの内容。
どちらも、とんでもなく後味が悪いので、ある意味、シンプルにしてくれて良かったと思っている派です。
モラオの洗脳で子供を自○に追い込む話とか、詳細に書かれたら絶対にアレ……
(バッドのモラオverその後が「姫夜もいずれ○ぬ」 or 「死ぬまで毒親」と色々妄想できるけどしたくないやつ)

 

 

プレイはこちらから

リンク

■ゲームへのリンク■
※PC・スマホ、どちらからもプレイも可能です※

ノベルゲームコレクション
https://novelgame.jp/games/show/2358

■製作者さまのホームページ■

L.M.CatsさまのTwitterアカウント
https://twitter.com/LMCats