脱出・謎解き・探索(ブラウザ)

パルフォン|公開中止になった映画の情報を調べたらガチで怖い目に遭った

関係者が行方不明になった、いわく付き映画の調査を『本当に』するゲーム

通信アプリ・パルフォンから着信音が鳴り響く。

「……お前、ネットでの調べ物、得意か?」

上司の三刀屋から依頼されたのは、公開中止になったいわく付きホラー映画の調査だった。

謎が多く隠されている公式サイト、関係者のTwitterアカウントを調べていくと、真実と共に、ありえないことが起こっている現状に知ってしまう。

そして、同時に気づいてしまった。
いつの間にか、自分自身も逃げられない状況に巻き込まれているということを。

 

リンク

■ゲームへのリンク■
※PC・スマホ、どちらからもプレイも可能です※

RPGアツマール
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm14095

■製作者さまのホームページ■

HIJIKIさまの運営サイト
https://sites.google.com/view/atelierdodd/top
Twitterアカウント
https://twitter.com/HIJIKI06



「パルフォン」の基本情報

■ジャンル■
関係者が行方不明になったホラー映画の真実を追い求めるリアル探索ゲーム
(主にBADエンドルートに脅かし要素あり)

  • プレイ時間/約1時間
  • エンディング/2

 

■キーワード■
映画・ホラー・ネットで出来るリアル探索・怪異・女優・呪い・オカルト

■オススメポイント■

  • いわく付きのホラー映画の情報を、実在するサイトやTwitterアカウントを見て入手する探索要素と謎解き
  • 探索対象内に多々埋め込まれている真実のヒントや笑える小ネタ
  • サイト時代のオタクが大好きな隠しページやパスワード解き部分
  • 90%の人がひっかかるであろう、ラストのエンディング分岐

 

■ストーリー性について■

WEBメディア社に勤務する主人公(名前は自由入力タイプ)が、編集長・三刀屋真司に依頼され、公開中止になったホラー映画の情報を探していく話。
本当に存在するサイトなどを見ていく内に、真実に近づけるだけでなく、恐怖感が増していくのが見所。
怪異系ホラーおよび、自力探索系が好きな人には、かなり刺さる。

■プレイのしやすさ■

セーブは好きな時に行える仕様。
本当に存在しているWEBサイト・Twitterアカウントにアクセスしつつ情報を集めるパートと、入力型の回答パートがあるため、メモができるようにしておくとプレイしやすい。

 

「パルフォン」ここが面白い!

ヤバい映画の真実を『リアルに』調べる斬新仕様

物語は、WEBメディア社に勤める主人公が、映画の情報収集を依頼される所からの開幕。

編集長・三刀屋は、ライターが記事を落としたための穴埋め用だと、ライトな仕事のように言うものの、映画は公開中止になったヤバい類らしく…。
この時点で嫌な予感しかしないやつです。
(加えて、三刀屋との会話に使う通話アプリのキャラクターがさりげなく怖い)

 

映画の内容や、公開中止になった経緯については、公式サイトや関係者のTwitterを見て調べる形式となっています。
しかも、ゲーム内で調査するのではなく、実際に存在しているURLにアクセスして…という斬新なタイプ!

 

情報を収集した後は、三刀屋へコンタクトをとり、回答パートに。
(三刀屋への報告(答え)は、直接入力式となっているのでご注意)

報告・調査を繰り返していく内に、自身が映画に関する黒い噂にとりこまれていくストーリーと、今までの調査系ゲームには無い珍しさがWでプレイヤーの好奇心を上げてくれます。

 

情報収集は本当に存在するサイト・Twitterアカウント

調査対象はゲーム内ではなく、実際に存在するサイトやSNSアカウント。

例えば、公開中止になった映画の情報を知りたい場合は、公式サイトに移動し、各ページを調査していきます。
(URL先にはゲーム画面からワンクリックで飛べる仕様になっています)

サイトの至るところを見ていく内に、他サイトへの行き方が分かり、更なる情報(絶望への鍵でもある)を仕入れる展開にも。

どこか懐かしさが過るサイトレイアウトは、製作者さまの拘りを感じずにはいられず、恐怖とは別口に感動……!

 

また、行方不明になったと噂される女優のリアルTwitterアカウント(本当にTwitter上にあります。会員登録してなくても見れる仕様)も調査可能。

本当に存在していそうなタイムラインは、ヒント収集をしながら堪能して欲しいところ。
Twitter経験者なら、笑える小ネタもたっぷり詰まっています。

 

サイト時代オタクにクリティカルヒットする探索部分にも注目!

話を進めていくと、映画の公式サイトには、裏ページ(映画が公開中止になった原因が分かる)があることが判明します。

秘密ページのアクセス方法は
『(サイト内に隠された)秘密ページの入口を探しつつ、パスワードを入れる』

古の腐女子orオタク
にはたまりません!
(サイトが創作活動の場として主流だった頃、見せられないよ的なコンテンツをパスワード付きページに隠す文化があった故の滾り)

『サイトの裏ページ』にピンと来た方は、ますます本ゲームの探索パートを楽しめること間違い無し!!!
ソースは古の腐女子である自分。

 

真実と恐怖が同時にせまってくる展開

本ゲームの面白さは、斬新系探索パートに加え、じわじわと来るホラーストーリー。

主人公が真実に近づいていく過程と、唐突に謎の人物からコンタクトが来る展開は心拍数上昇必須です。

 

メインである、映画が公開中止になった原因に関して点と点が結びつく一方、依頼主である三刀屋にも隠された秘密があり……

彼が主人公へ依頼をした本当の理由とは!?

パルフォン画面越しの三刀屋が少しずつおかしくなっていく場面は必見です。

※たぬささみは主人公名を好きに決められるため、管理人の名前を入力した故の表示です。三刀屋が急におかしくなったわけではない※



プレイした感想

にあるサイトやTwitterアカウント(製作者である、HIJIKIさまが前もってサイト・各Twitterアカウントを作ったそうで…凄い)を見ながら情報を集めるという斬新な探索パートが物凄く面白かったです。

ブラウザ系ゲームの新しい扉を開いた感を体験できたと思ったのは私だけではないはず……!

映画の公式サイト内をくまなく探すのは勿論ですが、秘密ページ探索やパスワードを探す部分は、過去に個人サイトの裏ページ探す時に多々やったのでアドレナリンがかなり上がりました。
(とりあえず、画像総クリック・スクロールは一番下までは基本だよね!なスタイルでやったら某ページで恐怖しました)

また、ホラー部分も、じわじわと侵食していき、気づいた時には戻れない的な展開が刺さりまくりでした。
アプリ越しで相手(三刀屋)の様子がちょっとずつ「あれ?」ってなるのは、実際にゲームをプレイして恐怖して欲しい…!
バッドルートの一部は、あの人の怖い画像出てきますが、他は軽度のホラー……なはず。

そういえば、三刀屋の影がある見た目・中身共に好きだった故に、エピローグの小説嬉し過ぎました。
某キャラの、あのアイテム…まさかこういう形で触れられるとは……

 

プレイはこちらから

リンク

■ゲームへのリンク■
※PC・スマホ、どちらからもプレイも可能です※

RPGアツマール
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm14095

■製作者さまのホームページ■

HIJIKIさまの運営サイト
https://sites.google.com/view/atelierdodd/top
Twitterアカウント
https://twitter.com/HIJIKI06

 

※以下、ネタバレありな内容が書かれています※

 

ネタバレありの雑談

 

 

みんとの本名は、入力しちゃダメな雰囲気だったけど、あんなに苦労して手に入れたから使いたいよね!!という理由でバッドエンド直行しました。

バッドルートに出て来たパルフォン様は、同製作者さまの666laboratory終盤に登場する『^○^』くらいビビリました。

終わり方もまだまだ呪いは連鎖する…感で大好き。

 

個人的に一番笑ったのは、みんとのTwitterアカウントのここだったりします。

入れてるアプリ(特にツム●ムで笑いました)ににやけつつも、みんと もとい、真衣ーーー!ネットリテラシー!!!!!!!

カーチャンがラストに関する答えに繋がるヒントを教えてくれる人物でもあり、BADの元凶であった。

みんとのTwitterアカウントは、フォローしているアカウントも彼女らしい(年齢相応)ので、情報収集しながらぜひ、色々見て欲しいです。

 

エピローグ&おまけページは、探索パートがああいう形式だからこそなアクセス方法で最高でした。

真衣の件で、実家に帰った三刀屋は、両親と和解するのか?
主人公や編集部の人たちと今後どんな関係を紡いでいくのか…
気になりながらも絶妙な余韻を残しての締めなエピローグ小説でした。
サンゴに関する描写が悲しくも美しい。

また、おまけページではゲーム内で見れなかったキャラのビジュアルが!

真衣は天然×(女優になるため)無理やりケバくしている印象だった故、拝見した瞬間にかなり驚きました。可愛い!!!

あと、津島はもっと、もっさりとしたおっさん系だと勝手に思ってたのでイケメンで衝撃。
津島&七実の関係を見ると、二人をパルフォン様を生み出してしまった元凶と一言で済ましたくなくなるのがツボでした。

パルフォン様は、訳ありとかではなくガチ怪異ということで、理不尽さに全振りしているようで。
可愛いビジュアル×話が通じないヤバい系がたまりませんね。
(…と書きつつ、人格有り版・悲惨な過去持ちだったパルフォン様も凄く見てみたい)

 

▼こちらの記事もオススメです▼