ノベルゲーム(アプリ)

【アプリ】3人のチロル|記憶喪失×3人の自称恋人=笑えない真実

本当の恋人は1人だけ? プレイヤーが騙されまくるラブコメサスペンス

3人のチロル:恋愛サスペンスノベル
3人のチロル:恋愛サスペンスノベル
開発元:Genius Studio Japan Inc.
無料
posted withアプリーチ

自殺未遂で病院に運ばれた佐藤慶人は、精神に大きな損傷を受け、記憶喪失になっていた。
死を選んだ理由は……分からない。

担当医師のケイコ先生は、慶人の記憶復元のため、最新の治療をする最中、彼が持つ数少ない所有物・免許証の裏面に書いてあった「緊急連絡先・早乙女チロル」に連絡を試みたが……

 

「慶人くん!」「慶人!」「慶人さん!」

何故か、早乙女チロルと名乗る自称恋人が3人同時にやってきた。



概要

■ジャンル■
3人の自称恋人から『真実』を見つけ出すノベルゲーム

■プレイ時間目安■
約2時間~
(エンディングおよび分岐回収によって異なる)

■課金要素■
一部の選択肢、ストーリーを読むためのチケットが対象
(無課金でも上記は入手できるが、効率よく&早くコンプしたいユーザーは課金推奨)

ストーリー&面白ポイント

本作品は、記憶喪失の青年と3人の女の子が織りなすラブコメ×ミステリーサスペンス。

主人公・佐藤慶人(名前部分は変更可能)は、とある理由で自殺を図り病院に運ばれます。
体に異常は無いものの、精神に大きい傷を負ったのが原因で記憶喪失になっていました。

慶人は一人暮らしな上に、身分が証明できる持ち物は免許証のみ。

 

担当医のケイコは免許証の裏側に書かれていた緊急連絡先の『早乙女チロル』へ連絡を取ると、3人の早乙女チロルが同時に来て「自分が慶人の恋人だ」と言い張るカオス状態に。

チアリーディング部に所属している、明るくてスポーティーな早乙女チロル
(以下、チアチロル)

小馬鹿にしたような笑みを浮かべながら鋭い指摘をしてくる掴み所のない早乙女チロル
(以下、ツンテチロル)

人と話すのが苦手だけれど、恋人想いで健気な小動物系お嬢様な早乙女チロル
(以下、黒髪チロル)


全員可愛いけど、怪しい
という喜びずらいハーレム展開。
しかも、問題点はそれだけではなく……

 

3人の自称早乙女チロルの内、2人は偽物。

更に彼女たちは、慶人が最新の治療を経て3時間以内に『記憶が戻る』ということを把握済み。

約3時間で自分の正体がバレると知っているのに、恋人と言い張る意図が謎すぎてプレイ約10分くらいで寒気が舞い降りてきます。

そして、慶人のスマホには「早乙女チロルを信じるな」というメッセージを皮切りに謎の人物から意図不明の警告文が何通も送られてきてもう訳が分からないよ。

 

記憶が戻るまでの3時間、慶人はチロルたちに事情聴取をするなどして、情報を集めていきますが、ちょっとしたミスで彼女たちの誰かor自分が死んでしまうという鬼畜っぷりなので選択肢は慎重に選びましょう。
(バッドエンドの内容がヒントになったり、真実を知った後に見ると新たな発見につながったりするので、あえて回収するのもあり)

3人のチロルの正体、主人公が自殺した理由。

真実は台詞の中にこっそりと少しずつ練り込まれているので、あらゆることを疑いながら、じっくりと読み進めるのを推奨します。



感想(ネタバレ抑えめ版)

スキップ機能をはじめとしたノベルゲーにあって欲しい機能がほぼ全カットな上、主人公(慶人)の口調が完全にキモオタおじさんで最初は「うわ…」となったプレイヤーですが序盤から一気に謎が積まれてハーレムっぽい展開どころじゃねえ!となる開始と、伏線の散りばめ具合、設定の闇深っぷりに魅了されてのほぼクリアでした。

このゲームの最も凄いところは、キャラクターの台詞にほぼ無駄がない所。
茶番っぽい部分も実は…となるところが多いので、推理系好きな人も満足できるシナリオだと感じました。
しっかりテキストを読んでるか否か?がかなり解決の鍵になります。

ある程度真相を知ると、バッドエンディングがどうして発生するのかもちゃんと分かる(理由のある結末だと分かる)のもかなり上手い。

加えて、登場キャラクターに誰ひとりとして『まとも』がいない点も良い具合なスパイスになっています。
みんな、何かしらやらかしてるのでお楽しみに。

また、本作中の謎は、迎えたヒロインによって分かる部分とそうでない部分があるので、攻略順で抱く感情が異なるかもしれません。
(自分はチアチロルが初でしたが、彼女は最後に見たかったかも…)

 

残念なのは、冒頭で話した通り、ノベルゲーに搭載されてるのが当たり前となっている機能が皆無なところですね。
これは人によっては辛くなる部分かも。

また、チケット制なため、一日に見れるシナリオにも制限がありますが、こちらはアプリゲームだから仕方ないかなと。
ただ、バッドエンド行ってもチケット無しで選択肢まで戻れるのは、かなりありがたい…!

インストールはこちら

3人のチロル:恋愛サスペンスノベル
3人のチロル:恋愛サスペンスノベル
開発元:Genius Studio Japan Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

※※ 以下、ネタバレ込みの感想注意 ※※

ネタバレを含む感想

 

 

ツインテチロルは、主人公関係も含め、物語に関する重要部分が分かる話。
そういう意味では絶対に迎えるべきエンディング。
ただし、彼女のルートだけだと謎がかなり残る。

そして、チアチロル・黒髪チロルをクリアすると、残った謎が分かる感じ。

全体の謎を知るにはツインテ
主人公が巻き込まれた事件を知るにはチア&黒髪
というイメージでした。

理不尽にバコバコ起きるバッドエンディングも、特定のチロルを二人きりにすると…など細かい伏線ありなのは凄く好きです。
あと、ツインテチロルの不可解な行動(ハンバーガーを突然ほしがるなど)も理由があって面白かった。

黒髪チロルについては、序盤からもしかして…な予想はつきましたが(あと親の話の時、名字別にあるのでは?→チロルではない?と察した)正解だった!という感情を覆うレベルのヤバい奴だったオチで好き。
この子、特殊END含めて一番の地雷感が…………

チアチロルは設定が重いというか、R18確定レベルのことされまくってて彼女を攻略できないルートでは毎回、地味に鬱になる酷さ。

 

そして、主人公もかなり大きい隠し事をしているオチ。
「回復した記憶について~」は、ある意味本当だったね!!!!!

彼の秘密については、ある言動が超さりげないフラグになってるので、見つけられた人は推理ゲー上級者と自慢して欲しいと勝手に思っています。
更にケイコ先生は騙されてたと思ったら、こちらもある言動が伏線で騙されてなかったという有能っぷりも知れて満足。

あと、主人公はチロル全員と●体関係もってるのは確定のご様子……
結局、恋人のチロル一筋ではなかったんだよこいつは!!!!
頭はいいけどガチでヤベー奴(倫理観が絶妙に狂ってる)の印象が凄かったです。
下手なエロゲ主人公よりアレコレしてるという。

でも、作中での『黒髪チロルのイジメ関係』と『チアチロルの父親について』に対する発言は嫌味抜きで尊敬できるし、これはもてるべくしてもてる男だと思いましたね。
ただし変態……いわゆるカッコイイ、グレー寄りな変態。

そんなサイコだけど面白い男のサポート的ポジ・ケイコ先生も負けずに畜生で、黒髪チロルの特殊エンド見たら、主人公の同僚との関係を全く応援できなくなりました。
むしろ振られてしまえ。
でも、突っ込みも頭の良さもキレッキレで嫌いになれないという不思議な魅力……

 

超雑な攻略メモ

以下のことを意識してプレイしたら各ルートに行けました。
絶対では無いかもなので参考程度に。いまいち作中のルート分岐条件が分からないため、ざっくりしたメモです)

プレミアム選択肢は動画視聴・ミニゲームでポイントを集める必要あり
課金すれば早いので一気にクリアしたい方はお財布と相談
話的には黒髪(特殊ENDは任意)→ツインテ→チアの順で迎えると後味いいかも。

 

■チアEND
最初の会話パートで『俺の悩みについて聞く(プレミアム選択肢)』を選ぶ
途中で黒髪orツインテの持ち物を見せて貰える選択肢が出たらそれを選ぶ
(チアに関係する人物の情報が知れるので念のため)
記憶が戻った直後、チアとの回想シーンが流れたらルート確定。
その後の追及パートはプレミアム選択肢を選ばなくてもアリバイ動画の矛盾点(録画した時間は夕方ではない)を突ければクリア可能。

■黒髪END
基本的に黒髪に興味(好意)がある選択肢・ストーカーと第一発見者に関する選択肢を選ぶ
最期の追及パートでツインテから聞ける『ストーカー分析』はⅠまででOK
(Ⅱまで聞くとツインテエンドになってしまうので)
アリバイ動画は念のため貰っておく
↑の追及パート後、ケイコとの会話で出て来る『差出人がわかった(プレミアム選択肢)』を選択
記憶が戻った後、主人公が黒髪を病室に呼んだらルート確定。

■黒髪(特殊)END
上記の黒髪ルート確定後、某チロルが病室に来て修羅場になった際の選択肢で
『暴力的に脅す(プレミアム選択肢)』を選ぶ
※この結末で判明する事は無し(ケイコの畜生っぷりが分かるくらい)

■ツインテEND
黒髪と同じノリで進めた後、最後の追及パートで『ストーカー分析を聞く』をⅡ(プレミアム選択肢)まで聞く。
(序盤でツインテに誰が好みか聞かれる選択肢は、黒髪を選んでもエンディングに行けました)
(ヒントでツインテが喜ぶ選択肢を選びまくれ!とありますが、しなくても大丈夫)
記憶が戻った後、主人公がツインテを病室に呼んだらルート確定。

 

※※ 補足 ※※
ツインテと黒髪、自分のプレイでは最後の追及(質問)パートで分岐したので、エンディングを迎えたらリスタートではなく、話をやり直すを選択して『ストーカー分析を聞く』の部分を変えれば(黒髪:Ⅰまで、ツインテ:Ⅱまで)一気に見れるはずです。